自分にあったクレジットカードを見つける方法│比較から始めよう

約束手形の使い方

説明

約束手形とは

大規模な商品をやりとりするさいの決済方法として使われるものが銀行が行っている約束手形です。約束手形は振出人の信用力を元に銀行が代金の支払いを仲介するもので、多額の現金を持ち運ばなくても良いメリットがあります。また振出人にとっては支払いを後日に伸ばすことができ販売をする立場からするとその場で保有する現金が少なくても大きな取引を行うことができます。一方で受取人からすると受け取りに時間が掛かることになるので、資金が潤沢でなければ資金繰りが厳しくなります。このためのサービスの一つとして手形割引があります。手形割引は手形を担保に銀行などが融資を行ってくれるもので、その満期日までの利息分を相当した手数料が必要になりますが、いちはやく手形を換金することができます。

はやく換金するメリット

手形割引を利用する注意点としては、満期日までの金利分の手数料が必要であるという点と、相手の手形が満期日までに現金が入金されなければ不渡りとなってしまう点にあります。手形割引はあくまでも手形を担保に融資を受けているため、実際に不渡りになった場合には、その金額を受取人が弁済しなければならない点に気をつけましょう。また信用力の低い振出人の手形では銀行による手形割引を利用することができませんが、貸金業者などが手形割引に相当するサービスを行っています。貸金業者によるサービスでは金利が比較的高めです。手形を満期日よりもはやく換金するメリットとしては資金繰りの改善があります。手形はあくまでも将来の支払いを約束しているだけに過ぎないため別の相手と取引をする場合には現金が必要になります。このため、はやく換金できること自体が資金繰りに余裕をもたせることができます。